弓道の歴史

  弓矢の発生は古く、世界中の民族に多くの弓の歴史があります。日本の弓の特徴は何といってもその長大さ。小柄な日本人が大きな弓を引いてきた理由には諸説ありますが、いずれにしても重要視されてきた事は伝承された武者絵や破魔弓・破魔矢の伝統からも察せられます。

 

  時代劇で有名な源平合戦の時代には、鎮西八郎為朝や那須与一といった弓の名人が活躍しました。すこし下った鎌倉時代中期にはユーラシア大陸を席巻した蒙古の襲来に対し、弓を手に奮戦する鎌倉武士が活躍しました。江戸時代になると、武士たちは京都の三十三間堂での通し矢で競いあうようになりました。

 

 いずれも射術として弓を引いていましたが、明治時代になり射術の道具としてではなく武芸の道具として弓を扱うようになり、現在の弓道として発展してきました。

主な弓道具

弓…全長2m20㎝位。従来は竹が主材料だったが、現在は強化プラスティック製の物も増えている。

矢…全長90㎝位。従来は竹が主材料だったが、現在はアルミ製の物も増えている。

ユガケ…鹿革製の手袋。弦を引くときの指の保護に使う。

的…円形の木枠に紙を貼ったもの。模様により
  以下の呼び名がある。

左=霞的、中=星的、右=得点的

競技の種類

通常競技では、各競技者が規定の本数を射て的中数の多い順に順位が付けられます。
近的競技…射距離28m、的直径36㎝。
遠的競技…射距離60m、的直径100㎝。
射詰競射…勝敗が決するまで、何度でも一本勝負を繰り返します。
遠近競射…同じ的に各自1本の矢を引き、的の中心に近い順に順位を決定します。

リンク(外部)

公益財団法人 全日本弓道連盟
Wikipedia (弓道)